乾燥肌を保湿で対策

乾燥肌は保湿をしっかりと行うことで改善することができます。もし乾燥肌に悩んでいる方は身体を洗う際は手で洗うと効果的です。あまり強く洗うと肌を傷つけてしまうので肌に悪影響を与えてしまう場合があります。そのため、手のひらやタオル、シルクなどで洗うと乾燥肌には非常に効果的です。また、クレンジングをする際に熱めのお湯を使用すると乾燥肌の原因になってしまうので、水に近いぐらいの常温でクレンジングをすることが非常に重要です。さらに洗顔に関してはなるべく時間をかけずに洗うことが重要です。

女の子洗顔後は肌に付いていた水分が急激に蒸発してしまうので、洗顔後はすぐに保湿ケアを行わないと乾燥してしまう原因になります。そのため洗顔後はすぐに化粧水や美容液、乳液や保湿効果の高いスキンクリームで保湿をして、乾燥肌対策をする必要があります。また、化粧水を塗る際はコットンなどを使用することはせず手のひらで直接顔に塗ると効果的です。こうすることによって肌の保湿力を高めることができるため、乾燥肌に非常に効果的なのです。

また、顔だけでなくボディも乾燥している場合は皮膚の薄い部分から保湿する必要があります。この際にリンパの流れに沿って保湿を行うと非常に効果的です。このように保湿をすることによって乾燥肌を改善することができる可能性を高めてくれます。

乾燥肌を食事で対策

乾燥肌は食事で改善することができるのです。乾燥肌は皮脂の分泌や角質層の水分などが少なくなることで乾燥肌を引き起こしてしまいます。そのため、これらを改善するためには食生活に関してもしっかりと見直す必要があるのです。毛細血管の血行を良くすることで乾燥肌を防ぐことができたり、新陳代謝を活性化させ、血行促進を促すことでも乾燥肌を改善、予防することができるのです。乾燥肌に良いとされている栄養素はビタミンA,B,Cなどのビタミン類亜鉛等です。

ビタミンAを身体の中に摂取することによって皮膚の潤いを維持することができたり新陳代謝を活性化させることができるので、乾燥肌を防ぐことができます。ビタミンAが多く含まれている食材は緑黄色野菜やレバー、うなぎ、あなごなど、海苔、わかめなどの海藻類です

納豆ビタミンBを身体の中に摂取することによって新陳代謝を活性化させて乾燥肌が原因で引き起こされる炎症などを防ぐことができます。ビタミンBは卵や大豆、納豆などに多く含まれています

ビタミンCにおいてはコラーゲンの生成を促してくれるので、乾燥肌に効果的です。レモンなどにこのビタミンCは多く含まれています。これらの成分を身体の中に摂り入れることによって乾燥肌を改善、予防することができるのです。

乾燥肌の原因

睡眠乾燥肌で悩まれている方は多いのではないでしょうか。乾燥肌は様々な原因から引き起こる可能性があります。例えば乾燥肌の原因に睡眠不足があります。睡眠不足になると肌に悪影響を与えることは周知の事実ですが、現代の日本人は規則正しく睡眠を取ることができないのが現状です。会社の残業で帰りが遅くなってしまったり、寝る前にインターネットを閲覧しているとつい睡眠時間が少なくなることもあります。美肌に繋がる睡眠は夜の22時から夜中の2時が一番重要だと言われることがありますが、これは間違っている可能性が高くなっています。

近年の研究において成長ホルモンは決められた時間に発生するのではなく、就寝して最初のノンレム睡眠の90分間と、レム睡眠の90分間の合計三時間で成長ホルモンが分泌されるということが判明しました。そのため、睡眠においては就寝後の最初の三時間をいかに深く眠るのかが重要になっているのです

その他にも乾燥肌の原因になるものとしては入浴の方法です。ぬるま湯のお湯で入浴せずに熱めのお湯で入浴している方は多くいます。しかし、この入浴方法では乾燥肌の原因になる場合があるので、入浴をする際はなるべくぬるま湯のお湯で浸かると乾燥肌の原因を取り除くことができるのです。洗い方においても重要で摩擦や洗いすぎは乾燥肌の原因になってしまいます。そのため、摩擦や洗いすぎには注意する必要があるのです。今回は乾燥肌を食事で対策する方法や保湿で対策する方法を紹介します。